テクニカル

※ 画像をクリックすると拡大表示します。

安全安心

 住まいは、ご家族の命や財産を守るところ。
 クレバリーホームは、耐震性を追求した「プレミアム・ハイブリッド構法」という答えに辿りつきました。
 また、台風や火災などに強いことも住まいに求められる重要な性能です。
 先進の技術に裏打ちされ耐久性に優れた基礎構造や火災時の被害を最小限に抑える耐火構造など、
 安全に、そして暮らしていただける住まいづくりを目指しています。

P6

住まいに求められる大切な性能

      地震などの災害に強い構造

クレバリーホームはこれまでも、地震などの災害に強い住まいづくりを追求してきました。
建てたときだけでなく、将来にわたって耐震性をはじめとした住まいの性能が確保されなくてはなりません。
クレバリーホームが独自に開発した「プレミアム・ハイブリッド構法」は、20年先、30年先でも地震などの災害に強い価値ある住まいをお約束します。

P7_01

命や財産、思い出までも守る
プレミアム・ハイブリッド構法

クレバリーホームは、1階と2階を貫く通し柱により建物を強固に一体化した「SPG(ストロング・ホスト・グリッド)構造」と、6面全体で地震などの外力を受け止める「モノコック構造」の利点を融合させた≪プリミアム・ハイブリッド構法≫を開発。建物にかかるエネルギーをバランスよく受け止め、地震などの災害に極めて強い木造住宅を実現しました。将来にわたってご家族の命を、そして財産、思い出を守ります。

P7_02

通し柱をグリッド毎に配し、
優れた耐震性を実現する
SPG構造

一般的な在来工法では通し柱が4本程度なのに対して、クレバリーホームでは、通常の2~3倍の通し柱を使用。構造上のポイントとなるグリッド毎にバランスよく配置した「SPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造」とすることで、1階部と2階部を強固に一体化した構造躯体を実現しています。地震や台風などの揺れや屋根にかかる荷重をスムーズに逃がし、最強度・高精度の木造住宅を実現しました。

P8_01

P8_02

独自のグリッド設計システムを採用

クレバリーホームでは、すべてのお客様に安心の住まいをお届けするために一部一部、独自の構造計算を行っています。必要強度をグリッド単位で確保する信頼性の高い設計システムを採用し、安定した強度の構造躯体を実現しています。お客さまの要望にきめ細かく応える自由設計でありながら、高い耐震性を両立させた住まいです。

6面体で力を吸収するモノコック構造

モノコック構造は、床・壁・天井の5面すべてを構造用耐力面材で構成し一体化させた構造です。この剛性の高い6面体の構造が、地震や台風などの外力を建物全体でしっかりと受け止め、吸収することで、建物のねじれを防ぎます。激しい揺れにも建物全体が一体となって抵抗する優れた耐震性能の住まいを実現します。

P8_03

P8_04

P8_05

P9_01

建物全体を強固に接合する高精度HSS金物

地震や台風などの外力を受けたときに住まいのなかで最も力が集中する場所が接合部です。一般的な在来工法お仕口や継手による接合は施工者の熟練度により施工精度が左右される上、加工による木の欠損量が多くなるため強度が低下します。クレバリーホームは、この接合強度を高めるために優れた接合金物を採用しています。

断面欠損を抑え、一般的な在来工法の1.5~3倍の接合強度を実現

P9_02接合部のなかでとくに重要な柱と梁の接合部には金物の奥行きを従来の約1/2にコンパクト化したHSS金物を使用しています。これにより柱、梁の欠損量を最小限に抑え、接合部の強度を高めています。

断面欠損を抑え、一般的な在来工法の1.5~3倍の接合強度を実現

柱と梁の接合部に使用しているHSS金物は、カチオン電着塗装をはじめとした何重もの塗装処理により妨錆性をアップさせ、長期にわたり確かな強度の住まいをお届けします。

P9_03P9_04

強度は無垢材の約1.5倍の
エンジニアリングウッド

自然の無垢材は芯まで完全に乾燥させることがむずかしく、節や割れによって強度が安定しないという欠点があります。クレバリーホームでは、柱や梁などの主要構造材にエンジニアリングウッドと呼ばれる構造用集成材を採用。製材後、一定の強度をもつものだけを選別し含水率が15%になるまで乾燥、接着加工して1本の建材に仕上げます。こうした工程を経ることで無垢材よりはるかに品質は安定し、強度もおよそ1.5倍まで向上します。

P10_02

P10_01

高品質の欧州産レッドウッドを採用

クレバリーホームでは、エンジニアリングウッドの原材料に、一般的なホワイトウッドに比べて粘りのある欧州産レッドウッドを採用。原産地を寒暖差の大きい北欧に限定することで、木質繊維の密度が高く、高強度な木材のみを厳選しています。

確かな品質を保証するトレーサビリティ

クレバリーホームのエンジニアリングウッドは強度や含水率まで徹底して管理。原材料はMSRと呼ばれる非破壊検査機にかけ、強度と曲がりにくさを計測。
さらに寸法精度や含水率などを厳しい検査に合格したものだけが製品化されています。出荷された製品については1本1本に貼られたロットナンバーにより、出荷から原材料までの全工程を確認できるトレーサビリティを確立し確かな品質を保証します。

P10_03

P11_01

阪神・淡路大震災の2倍強のエネルギーを受けても
構造躯体、外壁タイルともに損傷がないことを確認

クレバリーホームでは2008年、独立行政法人土木研究所において阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の地震波を基にした実物大振動実験を行いました。
可能な限り現実に近づけるために建物内に家具などを配置した状況で、震災の100%、200%の地震波を各2回ずつ計6回加え、構造躯体の歪み、外壁、内装などの破損の有無を確認。結果、最大1,791ガルという極限的な地震波を受けても土台、柱、梁、構造用耐力面材などの主要構造用部材、外壁タイルとともに破損は認められませんでした。

P11_02


「建物がほとんど歪むということがない。堅く強い建物であったという証明です。」

今回の耐震実験は阪神・淡路大震災時に神戸海洋気象台で観測された地震波と同じ震度6強、その1.5倍、そして2倍の地震波をそれぞれ2回、計6回加振して行いました。クレバリーホームは、「プレミアム・ハイブリッド構法」という独自の構造を採用しているため、建築基準法で要求されている壁の量よりかなり余裕があります。ですから、最初に行われた震度6強では、建物自体がほとんど歪むことがなく、また、1.5倍、2倍の実験でも歪み・損傷ともに小さく、簡易な補修で十分という程度の損傷で、今後の使用に全く問題はありませんでした。今回の実験では、クレバリーホームの家は、地震に対して十分安全な建物であるということが確認できたと言えます。

工学院大学 名誉教授 一級建築士・工学博士
宮澤健二 氏


 

【オプション】 地震の衝撃を吸収する独自の制振装置 J-ECSS(ジェイ・エックス)

P12_01クレバリーホームの最新技術J-ECSS(ジェイ・エックス)は、地震などの揺れを吸収して熱に変換することで、建物の変形量を大幅に軽減する独自の制振システムです。構造躯体に組み込まれたJ-ECSSは特殊な粘弾性ダンパーで揺れのエネルギーを熱エネルギーに変換して吸収、空気中に放散します。震度7の揺れを想定した実験でもJ-ECSSを装着した場合、一般的な耐震住宅に比べ、揺れの衝撃をほぼ半減することが実証されています。さらに、大きな地震への耐震性を高めるだけでなく、日常的に発生している小さな地震によって徐々に住まいに蓄積されていくダメージを軽減し、建物本来の耐震性能を損なわず、より長く性能を維持することができます。

P12_02

P12_03

【オプション】 より自由な空間設計を可能にする門型フレーム構造

ご要望に応じてクレバリーホームでは、設計の自由度と耐震性能を向上させる門型フレーム構法をご用意しています。この門型フレーム構法は、特殊な接合金物を用いて柱と梁を剛接合した強固なフレーム構造なので、壁や柱を少なくし、より広い開口部や開放的な空間づくりが可能になります。間仕切り壁や柱を少なくできるので、将来的な間取りの変更やリフォームにも対応しやすくなります。ビルトインガレージを設けるなどの場合でも、在来工法ではできない広い間口を確保することができます。もちろんプレミアム・ハイブリッド構法との組み合わせも可能です。

P12_04 P12_05

強固な住まいの“要”となる

      徹底した強さの基礎構造

建物を支える基礎がしっかりしていなければ、建物本来の強度を発揮することができません。
クレバリーホームでは、住まいの要となる基礎をベタ基礎とするとともに、床構造にも剛性の高い工法を採用。
「プレミアム・ハイブリッド構法」の優れた耐震性能を最大限に発揮させる徹底した強さの基礎構造としています。

P13_01

ベタ基礎と柱脚金物で住まいを
強固に支える

住まいの要となる基礎には、建物の荷重を面で支えるベタ基礎を採用。軟弱地盤にも適した耐震性の高い基礎構造となっています。さらに基礎と躯体との接合部には柱脚金物を採用し、構造躯体と基礎を強固につなぎます。地震など外部からのエネルギーによる引き抜きに対しても高い耐力を実現します。この外部からは見えない部分の技術や工夫が、高い耐震性を実現する住まいの土台となっています。

P13_02

建物全体で重量を面で支えるベタ基礎を標準採用

クレバリーホームでは、地震などの外部からエネルギーを受けても歪みにくい、高い剛性のベタ基礎を標準採用しています。面で支えることにより建物荷重を分散して地面に伝えることができるので耐震性に優れ、軟弱地盤にも適した基礎構造と言えます。また、一般的な木造住宅で120mmとされる地盤面からの立ち上がり幅を150mmとすることでより強固に仕上げています。

P14_01

剛性に優れた床構造を採用

地震や台風に強い住まいづくりには床の剛性も重要なポイントです。クレバリーホームは、土台・大引と床構造用合板を一体化させることで剛性を高める根太レス工法の床を採用。地震や台風時に加わる大きな外力に対しても変形が起こりにくい構造を実現しています。また、土台の断面欠損を最小限に抑えられるマークアンカーボルトを採用することで、基礎と土台を強固に接合します。

P14_02

P14_03

基礎と躯体を強固につなぐ
柱脚金物を採用

クレバリーホームは基礎と躯体をつなぐ金物にも工夫しています。一般的な在来工法で使用されているホールタウン金物に比べ、約2倍の引き抜き耐力がある柱脚金物を採用しています。構造躯体を基礎にしっかりとつなぎ留めることで建物全体が一体となり、地震などの外力に耐えることができます。

P14_05

P14_04

燃え移りにくい、燃え広がらない

      火災を最小限に食い止める技術

万一隣家から出火したら、また、内部から出火したら・・・。火災が起きた時にいかに被害を最小限に食い止められるかが、そこに住まう方の命を守る決め手となります。クレバリーホームは、防火・耐火性に優れた多層の外壁構造と、建物内部の空気の流れを遮断するファイヤーストップ構造など、ご家族の命を守る様々な技術と工夫を採用しています。

P15_01

火災に強い木の特性と防火対策

クレバリーホームでは、耐火性に優れた木を構造材に用いた住まいをご提案しています。鉄が540℃くらいから急速に強度が落ちていくのに比べて、木は表面が炭化すると内部への酸素供給が抑えられ燃えにくくなる特性を持っています。それにより長時間強度を維持でき、さらにクレバリーホーム独自の多層のファイヤーストップ構造で、火災からご家族の命を守ります。

P15_02

もらい火から守る多層の外壁構造

クレバリーホームの外壁は、タイル下地材に防火仕様の窒素系タイルベースを採用。表面が800℃の高温に20分さらされても、内壁側は手でさわれる程度の温度にしかならず、隣家の火災から住まいをガード。また、万一外壁が破損しても構造用耐力面材、石膏ボードなど、耐火性能に優れた素材による多層の外壁構造が類焼被害を最小限に食い止めます。

P16_01

P16_02

ファイヤーストップ構造で、燃え広げさせない

一般の住宅では2階の床下壁内部のすき間、天井裏など空気の流れに沿って火が燃え広がっていきます。クレバリーホームは根太レス工法の床など機密・断熱性の高いファイヤーストップ構造としており、火の流れを効果的に遮断。また、壁や天井の内装下地材に防火素材の石膏ボードを使用しており、万一の火災時でも石膏ボードに含まれる結晶水が水蒸気となって放出され、延焼防止に効果を発揮します。

P16_03


火災の発生から20分が決め手P16_04

平成24年度の消防白書によると、火災が覚知・通報されていから実際に消化活動が始まるまでの時間は95%が20分以内となっています。つまり、この20分が火災による被害を大きくするか、それとも大過なく済むかの決め手です。隣家での火災や内部からの出火の場合も、この20分間火災による被害を抑えることができれば鎮火の可能性が高くなります。


 

ずっと永く住まうために

      耐久性を高める湿気対策

住まいの性能を長く維持するには住まいの湿気対策が欠かせません。
クレバリーホームでは、済みなじめた時の高い性能が損なわれることのないように十分な湿気対策を施しています。建物に通気構造を設けるのに加え、湿気の多い場所に使われる部材も湿気に強いものを適切に選び、建てたときの優れた性能を長く維持できる住まいを提供しています。

P17_01

建物全体で換気を行い、湿気による腐れを防止

木造住宅の性能、強度を長く維持するには適切な湿気対策が重要です。クレバリーホームでは、外壁・小屋裏・基礎の建物全体で均一に換気を行う全周換気技術により建物内の湿気を排除します。これにより、壁体内結露による断熱材の性能低下や内部のカビやダニの発生、腐れを防止し、住まいの耐久性を高めます。

P17_02

内部結露を防ぐ外壁通気工法

外壁は通気層を設けた二重構造とし、暖まると上昇する空気の性質を利用して換気を行う「外壁通気工法」を採用。壁と壁の間を通る空気が上昇する際に、壁体内にこもる湿気を外へ排出する仕組みです。さらに、軒天からの通気と小屋裏に棟換気を設けることで、壁体内から上がった湿気をスムーズに排出し、建物の内部結露を防ぎます。

P18_01軒天からの通気と小屋裏に棟換気を設けることで、壁体内に侵入した湿気を排出するとともに、小屋裏にこもりがちな熱気を合わせて逃がします。

P18_02

P18_03

基礎全周で床下の通気性を確保

基礎高を住宅金融支援機構の【フラット35】適合基準400mmを上回る430mmを確保することで換気をスムーズにするとともに、厚さ150mmのベタ基礎仕様により地中からの湿気を防ぎます。さらに基礎と土台の間に通気構造を備えたパッキンを敷き詰めるキソパッキング工法を採用。従来の換気口方式に比べ約1.35倍の換気性能を達成しています。

 

P18_04

万全の湿気対策をとった床下構造

床下には湿気に強く耐久性の高い部材を採用。一般的な在来工法で使用されている木製束とは異なり、クレバリーホームの採用する鋼製束は、湿気の影響を受けることなく腐巧菌や白蟻にも侵されない優しい耐久性を誇ります。また、孵化したの断熱材には湿気を吸い込みにくいポリスチレンフォームを採用することで、いつまでも強度と断熱性の高い床下構造を実現しています。

P18_05

P18_06

湿気対策で住まいの寿命を延ばす

木造建築の寿命を縮める原因となる腐巧菌の活性化条件は、水分・湿度・酸素・養分の4つの要素が揃うことであり、どれか1つでも要素を排除すれば、腐巧菌の繁殖を防ぐことができます。湿度・酸素・養分を排除することは困難ですが、適切な湿気対策を行うことで水分(湿気)を管理することはできます。適正な湿度(含水率20%以下)に維持管理することで、長期にわたって木材の腐れや劣化を防ぎ、住まいを建てたときの性能をずーっと長く維持することができます。

P18_07

P19_01

土台や通し柱に品質を保証する
AQ認証材を使用

クレバリーホームでは、土台や通し柱、1階部分の外周管柱など特に耐久性が問われる構造材に最新の防腐・防蟻処理を施した『優良木質建材認定のAQ認証2種』取得製品を使用しています。これは効果の持続性に優れた薬剤を木材の段階で内部まで浸透させたもので、腐巧菌やシロアリの繁殖を防ぎ、長い間安心して暮らしていただけます。

P19_02

AQ認証とは

(公財)日本住宅・木材技術センターが、木質建材の品質性能などを客観的に評価し、優良な製品を認証するものです。構造材のAQ認証2種は防腐・防蟻処理の性能と品質の安定性が認められたもので、JASの保存処理性能区分K3に相当。住宅性能表示「劣化の軽減」の最高等級3(大規模補修を必要としり期間が3世代にわたる耐久性)に対応できます。

乾式加圧注入方式で、
防腐・防蟻性能を長期維持

P19_03

従来の防腐・防蟻処理は水溶性の薬剤を使用する湿式処理方式が一般的でしたが、この方法は低コストで大量に処理できる半面、薬剤の効果が低下しやすく、処理後の再乾燥による寸法変化などの問題がありました。そこでクレバリーホームでは、油溶性薬剤を加圧して木材内部まで浸透させる最新の乾式加圧注入方式を採用。優れた薬剤、優れた処理方法で長期にわたり安定した防腐・防蟻効果と高い施工精度を実現しています。

P19_04

未来の基準に適合

      一年を通して心地よい住まいへ

夏は涼しく、冬は暖かい。これは現代の住宅にとって欠かすことのできない基本性能です。
クレバリーホームでは、建物の気密・断熱・遮熱性能を高め、2020年に義務化が予定されている省エネ基準に適合した住まいをお届けしています。
高いレベルでの高気密・高断熱・高遮熱仕様で、夏も冬も一年を通して快適な室内環境を維持します。

P23_01

2020年義務化予定の省エネ基準を上回る高気密・高断熱・高遮熱仕様

P23_02これまでの断熱基準は義務ではなく一つの目安でしたが、改正された省エネ基準では2020年にすべての新築住宅を対象に義務化が予定されています。これまでの外皮(天井・屋根・外壁・床)の断熱性能に加え、住まいで使う電気やガスなどの熱量の消費量(一次エネルギー消費量)という2つの物差しで評価されるようになります。クレバリーホームは、高気密・高断熱・高遮熱仕様で、この未来の基準に先行して適合した住まいをお届けしています。

外壁をはじめ、
建物全体が高気密・高断熱仕様

クレバリーホームは、建物全体を遮熱性の高い構造で包み込む工法を採用。外壁は屋外の熱を伝えにくい外壁通気工法と断熱材・石膏ボードを組み合わせ、熱のこもりやすい小屋裏には断熱材・石膏ボード、床下には断熱材と通気性に優れたポリエチレンフォームをそれぞれ採用。また、室内側のベーパーバリアシートを貼り込み、さらにすき間風が入りやすいコンセントボックスの気密処理を行うなど、きめ細かな配慮で高い気密性・断熱性を達成しています。

P24_02

P24_01

小屋裏からの熱を防ぐ天井断熱

小屋裏にこもった熱を室内に伝えないために、天井には厚さ200mmのブローイング断熱材を充填。複雑に入り組んだ小屋裏の空間でも、このブローイング断熱材によってすき間なく充填でき、断熱効果をさらに高めます。

P24_03

外からの輻射熱を遮断する透湿・防水・遮熱シートを採用

アルミニュームは高い赤外線反射率を有しており、熱の放射を抑える特徴があります。この特徴を活かした透湿・防水・遮熱シートは夏の輻射熱を反射して涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保ちます。しかも長期間使用しても遮熱性・防水性の劣化が少ない強靭な建材となっています。たとえ真夏に通気層が50℃を超え、湿度が90%に達する厳しい環境になっても、無数に存在する繊維のすき間から湿気を逃がし、通気層内の湿気のこもりを防ぎます。

P24_04

P24_05

高断熱・高遮熱を実現する
アルゴンガス入りLow-E複層ガラス
を採用

モデルハウスにお出でいただいたお客様の多くが、まず室内のその暖かさに驚かれます。住まいの断熱性能に大きく影響する窓には、優れた断熱・遮熱性能を有するアルゴンガス入りLow-E複層ガラスを採用。複層ガラスの空気層には空気よりも熱を伝えにくいアルゴンガスを充填し、室外側ガラスの内面にLow-E膜をコーティングすることで、夏は日射熱の流入を防ぎ、冬は暖房熱の流失を防いで冷暖房効率を高めています。熱放射量は複層ガラスの約半分に軽減。一年中、快適な窓辺空間をつくり出しています。

P25_01

P25_02

P25_03

結露を抑えるアルミ樹脂複合サッシ

室内側の窓枠を熱伝導率の低い樹脂製(アルミの1/000)に、室外側の窓枠に軽くて加工のしやすいアルミを組み合わせたアルミ樹脂複合サッシを採用。それぞれの素材の長所を組み合わせ、外からの熱を遮断し断熱性能をアップします。その高い断熱性能により、サッシ全体で結露の発生を防ぎ、窓枠のしみ、汚れ、カビ、腐食を抑えます。

P25_04

夏も冬も温度差の少ない快適な室内環境

快適な住まいの一つの条件が温度差の少ない室内環境です。クレバリーホームは、高いレベルでの高気密・高断熱・高遮熱仕様によって、季節毎の室内の温度差を少なくし、一年中快適な室内環境を実現しています。また、寒い季節でも建物全体を暖かく保つことができるので、リビングと玄関や浴室、トイレなど部屋毎の温度差が少なく、家じゅうどこにいても快適に過ごすことができます。

P26_01

P26_02

P26_03

年間冷暖房費を
約60%削減可能

クレバリーホームは、高気密・高断熱・高遮熱仕様によって、冷暖房費を大きく削減することができます。住まいの年間暖房費を比較した場合。クレバリーホームの住まいは一般的な在来工法の住宅(平成4年省エネ基準住宅)と比べ、約60%も削減することが可能となります。

P26_04

ヒートショックを防ぐ安心の住まい

とくに冬場に起こりやすいといわれるヒートショックは、部屋毎の温度差が大きいことが原因の一つと言われています。クレバリーホームは、高気密・高断熱・高遮熱を標準仕様にすることによって部屋毎の温度差を極力少なくし、冬場に冷え込みやすいトイレや浴室、玄関などでも室温差が少なくなり、ヒートショックを未然に防ぐことができる安心の住まいです。

※ヒートショック = 急激な温度変化による血管の収縮

P26_05

P26_06

ピックアップ記事

  1. 着工前…
  2. 着工前地鎮祭着工中…
  3. 基 礎着工中…

カテゴリー

PAGE TOP